スタートアップからココナラに入社して感じた事

はじめに

ココナラでiOSアプリの開発を開発している上田です。 ココナラには去年の12月から働いていて、もうすぐ入社してから半年になります。 今回はスタートアップからココナラに転職して感じたこと等をつらつら書いていこうと思います。

背景

少し自分の事を説明しようと思います。

前職は従業員数がアルバイト含めて30人弱のスタートアップの会社でした。

エンジニアは自分が退職する時は5人くらいで、

  • PM: 1
  • バックエンド: 3
  • iOSエンジニア: 1
  • Androidエンジニア: 1
  • デザイナー: 1

のチームで開発をしており、主にiOSアプリの開発と、必要に応じてRailsでAPIの構築を行なっていました。

ココナラについて

ココナラは現在60人くらいが働いており、その内エンジニアの人数は20人くらいです。

自分が所属しているアプリ開発グループは

  • GM: 1
  • デザイナー: 1
  • iOSエンジニア: 2
  • Androidエンジニア: 2

のチームでココナラのアプリを開発しています。(アプリ開発の部署とは別に基盤チーム, Webチームが別に存在しています。)

ココナラに入って変わった事

コードレビュー

前職ではiOSエンジニアが自分だけで、iOSのレビューを出来る人が居なかったのでレビューがありませんでした。

ココナラに入ってからは2名体制でコードレビューが行われます。

より良いプログラムの書き方や細かい仕様の抜け漏れ等を指摘してくれるので、一人で開発していた時よりも心理的に安心感が上がりました。

新しいチャレンジ

ココナラでは新しい事に挑戦することが推奨?されています。

前職ではスタートアップだったので自分の範囲外の事もたくさんやりましたが、ココナラでは新しい事への挑戦のサポートが凄いなと思ったので紹介させて頂きます。

自分は今までiOSアプリの開発だけで、Androidの開発を行なった事が無かったので、現在少しずつAndroidのタスクを頂き挑戦しています。

Androidを勉強するのに必要であれば参考書等も会社が負担してくれます。

そして、Androidエンジニアの方が勉強会を開催してくれて、Androidの基礎からしっかりと勉強させて頂いています。

f:id:coconalainc:20190424175139j:plain
Android勉強会

出社時間

前職は11-17時のコアタイムで、ココナラではコアタイムが10-17時です。

自分は朝がとても弱いので、1時間出社が早くなるのがとても辛かったですが、慣れてしまえば朝すっと起きれる様になったので寧ろ良かったのかなと思います。

あとココナラでは10時から全体の朝会があります。

そこで小噺(こばなし)という1人が2~3分位で最近あった出来事や、役に立つ話をしています。

自分の番になった時は最高に苦痛ですが、それを乗り越えれば自分が知らない話を毎日聞けるので楽しいです。

最後に

スタートアップからココナラに転職してというタイトルでしたが、あまりスタートアップとの比較を伝えられてない記事になってしまいました。

ただ、一言でまとめるとスタートアップの様々な事に挑戦できる環境やスピード感ある開発がココナラでも存在しているという事です。

会社の規模が大きくなると自分の分野が決められてしまいがちですが、ココナラでは新しい事にも積極的に挑戦できる環境が整っています。

月の最終金曜日には〆会というオフィスで行われる飲み会があるので興味がある方は気軽に遊びに来てください!

ちなみに自分と一緒にAndroidアプリを開発してくれる方も絶賛募集中です!!

www.wantedly.com